あなたは大丈夫?保険・税金etc. ダブルワークの注意点

この記事は約3分で読めます。

「あなたは大丈夫?保険・税金etc. ダブルワークの注意点」

◯はじめに
ダブルワークは収入だけでなく、
知識や経験が増えるなど、
良いところがたくさんあります。
ただし働き方に気を付けないと、
社会保険や税金などで損してしまうことも…

そこで今回は、ダブルワークを検討し始めた方に
向けて、注意点などをご紹介します!

◯ダブルワークとは?
本業の他にもう一つ仕事をすることで
収入を増やす働き方のこと。
掛け持ちや働き方によっては
副業・兼業と呼ぶこともあります。

収入増の他に、空き時間の有効活用、
一つの職場で飽きないようするため
などといった理由が多いようです。

◯ 基本スタイル
①日中は事務職や製造業、夜間はファミレスなどの
サービス業
②本業の休みの日に単発バイト
③平日昼間は外に働きに出て、家で内職や
Web関連の在宅仕事を掛け持ち

在宅の仕事は時間に縛られないことから、
育児中や第3の仕事としても人気があります!

◯ 掛け持ちOKな会社
①求人情報に「ダブルワーク歓迎!」
と明記されている
→副業程度の給与しか見込めないかも
②雇用条件に「ダブルワーク禁止」の項目がない
→就業規則を確認してみましょう!

職場や上司によっては、掛け持ちを快く
思わないことも…後々のトラブルを防ぐため、事前に上司や人事に相談するのが安心ですね。

◯注意点
〈確定申告が必要〉
全ての収入について確定申告が必要。
複数の職場の収入の合計によって、
所得税が課せられたり住民税が増える
こともあります。
→ 本業で住民税を給与天引きしている場合は、
給与以上の住民税の請求が来ることにより、
掛け持ちがバレてしまうことも…

〈扶養・週の勤務時間に注意〉
収入合計が一定額を超えたり、
勤務時間が長くなると、自分で社会保険に入る
必要が出てきます。
合計金額によっては、配偶者控除が
受けられなくなってしまう場合も…
→「社会保険の加入対象の拡大」もあるので
心配な方は入念にチェックしましょう!

◯内職は特に注意⚠️
アフィリエイト、フリマアプリなど、ネット内職で
得られる収入のことを「雑所得」といいます。
雑所得の金額に応じて、住民税や所得税の課税対象
となります。
→内職で収入の多い方は、
きちんと確認しておいた方が良さそうですね!

◯まとめ
近年、収入増以外のメリットを感じ、
ダブルワークをする人が増えています。
税金・保険について、お仕事を始める
前に確認をしておきましょう!

ぜひ、色々なお仕事に
チャレンジしてみてくださいね!

知らないと危険な税金などの基礎知識や、おトクなお仕事情報などはこちら↓

ブラウザーをアップデートしてください | Facebook

無料登録でお小遣いをゲットできるヒントはこちら↓

@sakusaku_master | Linktree
\スクロールできます/

・アンケートに答えてお小遣いをゲット
・在宅1〜2時間すきまワークで稼ぐ
・履歴書も面接もなしで単発バイトを探す
・誰でも簡単に10万円をゲットする方法