副業・兼業の前に、労働時間・保険・労災を確認して!

この記事は約3分で読めます。

「副業・兼業の前に、労働時間・保険・労災を確認して!」

◯はじめに
コロナ禍をきっかけに、副業・兼業(ダブルワーク)
を希望する人が増えてきたことをうけ、
令和2年9月に厚生労働省が出している
「副業・兼業の促進に関するガイドライン」
が改訂されました。

◯副業・兼業は自由?
副業OK!としている場合でも、同業他社(競業)
での就業は不可、休憩時間を含む就業時間中の
副業・兼業は不可、など業界・業種や、
仕事をする時間について規定を決めている場合も
あります。

これから副業・兼業をしたいと考えている人は、
勤務先の就業規則を確認しましょうね。

◯信義誠実の原則
副業を認めている会社であっても、
多くの場合、労働者は秘密保持義務、
競業避止義務を負うことになります。
また、働いている会社やお店の名誉・信用を
毀損しない、など誠実に行動することが
求められます。

会社とは十分にコミュニケーションをとって
スタートするようにしましょう!

◯何時間働いてもOK?
「会社では月〇時間までの就労…と決まっている
けど、副業だから何時間働いても問題ないよね?」
と思っている方、いませんか?働き方によっては、
労働時間が通算される場合/通算されない場合が
あるんです!

どちらの場合でも、働く人が過労などにならない
ように、事業主はできるだけ就業時間を把握して
就業時間が長時間にならないよう配慮することが
望ましい、とされています。

働く側としても、本業に支障が無いよう、
時間や健康状態を自分でコントロールしておく
必要があります。

なお、フリーランス、起業、共同経営、
アドバイザー、コンサルタント、顧問、理事、
監事などで仕事を持っている場合は通算されません!

◯会社にどこまでいう?
副業・兼業を会社に申告する場合、
副業・兼業先の事業内容や、その業務内容 労働時間
通算の対象かどうかや、協業ではないか、過労などで
本来の仕事に影響がでないか、そして副業での収入
などを確認されることが多いです。

◯収入で気をつけること
副業・兼業によって、
20万円を超える副収入がある場合は、
年末調整ではなく確定申告が必要になります。
また、雑所得が38万円以上、
雑所得が33万円以上の場合も確定申告が必要に。

副業の収入が多い方は気をつけましょう!

◯保険の加入条件
1週間の所定労働時間が短いお仕事をいくつか
かけもつ場合、雇用保険・社会保険等に加入
できないことがあります。
例えば週10時間のお仕事×週12時間のお仕事など、
短時間の仕事を組み合わせている場合などです。

例外もありますので、該当しそうな方は
詳しく調べてみてくださいね!

知らないと危険な税金などの基礎知識や、おトクなお仕事情報などはこちら↓

ブラウザーをアップデートしてください | Facebook

無料登録でお小遣いをゲットできるヒントはこちら↓

@sakusaku_master | Linktree
\スクロールできます/

・アンケートに答えてお小遣いをゲット
・在宅1〜2時間すきまワークで稼ぐ
・履歴書も面接もなしで単発バイトを探す
・誰でも簡単に10万円をゲットする方法